オーストラリア短期留学【休日編】休みの日を充実させる方法

オーストラリア留学

オーストラリア留学

みなさんこんにちは。福島工業高等専門学校3年の四家梨央奈(しけ りおな)です。

前回は、「オーストラリア短期留学【学校編】留学中にライティング力を身につける方法」ということで、
オーストラリア留学中の学校での過ごし方についての記事を書きました。

さて今回のテーマは、留学中の休日の過ごし方についてです。

 

ホストファミリーとの時間

オーストラリア留学

私が休日に何をしたかをお伝えする前に、まずは私のホームステイ先での過ごし方について書きたいと思います。

留学でホームステイをする人にとって一番楽しみであり、ドキドキ不安でもあることって誰しもやっぱりホストファミリーとの生活ではないでしょうか?

 

私はラッキーなことに、2つの家庭でホームステイをさせてもらいました。

1つ目のホストファミリーは、ホストファザーとマザーとシスターの3人家族でした。
ご両親はどちらもお医者さんで、毎日忙しそうでしたが、いつもたくさん話しかけてくれる素敵なご家族でした。

ちょうどホストファミリーの親戚の方も遊びに来たりしていたので、一緒に外食を何回かして親戚の方ともお話できたのが楽しかったです。
学校から帰ってくると、ホストマザーと買い物にでかけたり、家に一人でいるときはホストファミリーの家にあったたくさんのDVDを見たり、ペットと遊んだりしました。

 

2つ目のホームステイは、前の家族とは場所も雰囲気もガラッと変わって、一人暮らしのおばあちゃんのお家で友達とシェアハウスでした。

そのおばあちゃんはフィリピン人だったので、英語もアクセントが違ったりして、最初は彼女の英語を聞き取るのが難しかったのですが、とてもアグレッシブな人でたくさん自分の話をしてくれたり、たくさん私達にも質問してくれて、毎日夜遅くまでしゃべっていました。

ホストマザーはとっても料理が得意で、どれも美味しく、私は毎晩夕食を楽しみにしていました。

週末には、ホストマザーが「日本料理を教えてほしい」と言ってきたので、一緒にスーパーに材料を買い出しに行って、炊き込みご飯と肉じゃがと味噌汁を一緒に作りました。

意外にも、ほとんどの材料をスーパーで揃えることができました。
びっくりすることに、すでにホストマザーは2種類の醤油をもっていたのですが(笑)、味も美味しくでき、ホストマザーも「これなら簡単で美味しくていいね」と喜んでくれたので、一緒に料理してほんとに良かったです。

ホストファミリーの趣味を一緒にやってみるというのもとてもおすすめです!

 

最初の家族の元を離れるときは、とても悲しかったのですが、今は2つの家族とホームステイをできてほんとに良かったと思います。
お世話になった2つのホームステイ先、どちらもとても素敵な方々でした。

ホストファミリーの「アタリ」「ハズレ」については編集長の愛さんの記事(【COLUMN】ホストファミリーの「アタリ」「ハズレ」について思うこと)にもありましたが、私も同じ意見を持っています。

ホストファミリーの良し悪しを決めつける前に、ホストファミリーの個性だと考えることができたら視野が広がるのではないかと私も思います。

私は人より多くの経験を積むことができたし、各家族の違いや個性を身をもって体験できたことがうれしく思っています。この経験は私にしかないオーストラリア留学の宝です。

 

オーストラリア留学中の休日の過ごし方

オーストラリア留学

では今度は、私の留学先での休日の過ごし方についてです。
ここで一度まとめてみます。

・大型ショッピングセンターに行く

・川沿いをウォーキング

・ホストシスターの演奏会に行く

・International Festivalに行く

・友達のバースデーパーティーを開く(2回)

・ホストマザーと一緒に日本食を作る

・教会に行く

・プールに行く

・Army baseの一般公開に行く

 

こんなに色んなことをしていたとは、いまこの記事を書いて気づきました(笑)。

日本ではあまり経験できなかった、日曜日に教会に行くことやバースデーパーティーをしたことがその中でも特に印象が残っています。

他にも毎週金曜日は学校で授業がなくて代わりに遠足のようなものがあったので、フェリーで島に行きそこでハイキングしたり海で泳いだり、動物園や水族館に行ったり、また地元の高校での体験授業なども行いました。

 

学校での勉強のやる気をあげるためにも、休日を有意義に使い、休日を充実させることは大切だと私は思います。

ホストファミリーとゆっくり過ごすのもいいし、一人で出かけたりすることもいいでしょう。
ぜひ留学の裏テーマにその土地で、どこに行きたいか?どうやって遊びたいか?を考えてみてはいかがでしょうか?

以上で2回続けて寄稿させていただいたオーストラリア留学についての記事は終わりです。
編集長の愛さん、私の留学について記事を書く機会を与えて下さり、本当にありがとうございました!

今年も素敵な留学が増えますように・・・。