1日中楽しめるイギリスのPUB料理

フィッシュ&チップス


 
ロンドン留学中にとにかく行く機会が多かったPUB。

今回は私が実際に食べたPUB料理をご紹介したいと思います(`・ω・´)♡


★おすすめ!お得なPUBランチ

 

 

PUB

語学学校の放課後に1番仲良しの韓国人の友達セヨンとPUBチェーンのウェザースプーンのハマースミス店へ。
ウェザースプーンのPUBは至る所にありますが、店舗の名前はそれぞれ異なり、ここは”The William Morris”という所。

学校からもJAPAN@UKのオフィスからも近く、3回も行きました(笑)



カレーランチ

曜日ごとにステーキやフィッシュアンドチップスといった料理とドリンクがセットで7£(約1200円)の(ロンドンの物価にしては!笑)お得なメニューがあります。

この日は「カレークラブ」の日だったので、カレーがお得に食べられました
ドリンクはソフトドリンク、ホットドリンクだけでなく、一部のアルコールも選ぶことが出来ます♪


肝心のお味はというと・・・
美味しかったです!!

というか、これから紹介するウェザースプーンのPUB料理の中で1番美味しかった(笑)


ドリンクにはお酒も選べるので本当にお得♡
昼間からお酒を飲んでいる人もたくさんいます!


こちらのPUBでの料理の注文は、テーブル番号を覚えてカウンターで注文します。
カウンターにはメニューはないので、注文したい料理名を覚えて行くか、テーブルに置いてあるメニューを持っていきます!


昼間は空いているし、お得にボリュームのあるランチが食べれるのでPUBランチおすすめです(*´∀`*)



★定番のフィッシュ&チップス

 

フィッシュアンドチップス

念願のフィッシュ&チップスは、またまたセヨンと一緒にバッキンガム宮殿近くのPUBで食べました!


その日はアフタヌーンティーの予定があったのですが、朝ごはんを食べていなかったのでお腹が空いて午後まで待てず、軽くランチをすることに。
ほぼ同じタイミングに渡英した私たちは、まだフィッシュ&チップスを食べたことがなかったので、2人でシェアして食べました!


注文したのはcod&chips(タラとフライドポテト)
フィッシュ&チップスといっても魚の種類にはレパートリーがあります。
気になる方は留学@UKさんの「実はいろいろな種類があるフィッシュ&チップスの注文の仕方」を見てみて下さいね(^^)


少し待ってでてきたのは、大きなお皿いっぱいの超大きなフィッシュ&チップス!!

食べた感想は、、、めっちゃ美味しい♡♡

セヨンと2人でテンション上がりました(≧∀≦)


写真に映っているソースは3種類。
小皿に入っているタルタルソース、ケチャップ、ビネガー(!)です。

タルタルもケチャップも安定の美味しさ!
ビネガーはフィッシュ&チップスを頼むとついてくるのが普通みたいですが、お味は、、、微妙でした(笑)

セヨンはチャレンジもしてくれなかった(笑)


お値段は12£(2000円!!)とお高いですが、ボリュームがあるのでシェアして食べるとちょうど良いと思います♪

 


★正直「んー(。-ω-。;)」だった料理

 

「まずい!」というイメージがまだまだ抜けていないイギリス料理ですが、私の印象としては決してまずくはないと思います!

けれど、正直「・・・(。-ω-。;)」という料理も(笑)
まずいというより、料理自体に味がなく、ソースを付けても下味がないのでソースの味しかしないということがありました。




ジャケットポテト

フィッシュ&チップスの次に食べてみたかったのが、こちら!ジャケットポテトです!!

大きなじゃがいもをオーブンで焼き上げ、チーズやベーコン、サワークリームといったトッピングとともに食べるイギリスの伝統料理です。
シンプルですがこれ1つで昼ご飯や夜ご飯になるくらいボリュームがあります。


私がはツナマヨがトッピングされたジャケットポテトを食べてみました!


んー、、、
じゃがいもとツナの味(笑)

それぞれの味がするだけで、美味しいとは言えません(笑)


けれど、決してジャケットポテトがまずいというわけではないと思います!

マーケットで、その場でラクレットチーズをポテトの上にかけているのを見かけたのですがとても美味しそうでした。
他にも、コベントガーデンがジャケットポテトで有名らしいので、そこでは美味しいジャケットポテトに出会えるかもしれません(^^)




クラスメイト

この日はクラスメイトとPUBに!

その週で帰国しちゃうメンバーが多かったのでお別れ会です。



サラダ

その時に私が頼んだのはシーザーサラダ!!

だったのですが、美味しくなかった、、、(笑)


正確な値段は忘れちゃったけれど、ワインとセットで1000円以上ではあるはず。

スーパーで買えるカット済みのサラダも何回か食べたのですが、このサラダ同様ドレッシングを結構かけないときついかったです(笑)


全然シャキシャキしていません!
日本のコンビニのサラダのクオリティは素晴らしいです(笑)


 

★いろんなイギリス料理をPUBで制覇!!



メニュー


こちらはフィッシュ&チップスを食べたPUBのメニュー。
フードが充実しているPUBでは本当に様々なイギリス料理を楽しむことが出来ます♪


フィッシュアンドチップス以外はウェザースプーン(PUBのチェーン店)で食べましたが、そのメニューはホームページから見てみて下さいね。


他にも料理を2つほど紹介します!!


ソーセージ&マッシュ        △ソーセージ&マッシュポテト


街中でもよく見かける定番料理。
マッシュポテトが美味しい(´∀`)



ステーキ&キドニー             △ステーキ&キドニー



こちらはビーフとキドニー(肝臓!!)のシチューをパイ生地で包んで焼いた料理。パイ生地には牛脂が使われているそう。

ステーキってメニューに書いてあることしか気づいていなくて、今改めて調べて、肝臓って知ってなかなか衝撃受けてます(内蔵系食べられません笑)
ビーフシチューのように煮込まれているので、私みたいに苦手な人でも気がつかないかもしれないです、、、

味は美味しかった!けれど、ショックを隠しきれません(笑)




★お気に入りのお酒ピムス

 


ピムス

ピムス(Pimm’s)とは、カクテルの材料とされることを前提に開発された、混成酒のシリーズ。
No.1からNo.6まであり、ジンやラムなどそれぞれ成分が異なっています。
ピムスは、炭酸飲料などで割って飲むことを前提に濃い味付けになっています。Wikipedia参照)


実際に飲んでみると、フルーティーですごく飲みやすく、とっても美味しかったです(^o^)


PUBといえば、有名なのはビールですが、残念ながら私はビールが苦手なので飲むことが出来ませんでした_| ̄|◯


他に美味しかったのはアップルサイダー
炭酸が強いので1杯で満腹になっちゃいますが、お酒というよりソフトドリンクみたいな感じで飲みやすかったです。

ワインも(ロンドンの物価にしては)あまり高くないものでも美味しかったです!




* * * * *




イギリスではPUBはお酒を飲むところ。
日本の居酒屋では食事と一緒にお酒を楽しむことが多いですが、イギリスでは軽い食事をとったあとにPUBに移動して、さくっと飲んで話すのが定番だそう。


PUBは、居酒屋とバーの中間といった感じで、日本のHUBに似たイメージ←英国のPUBをイメージして事業展開されているので当たり前と言えば当たり前(笑)
立ち飲みが多いことや、カウンター会計のシステムもPUBの特徴。


けれど、紹介したように食事も充実しています!

朝はイングリッシュブレックファスト、昼はお得なランチ、夜は美味しいお酒と伝統料理
というように1日中楽しむことが出来ます。


金曜日、土曜日はどこのPUBも大混雑でセントラルロンドンのピカデリーサーカスなどでは、人が外まであふれ出るほどの人気ぶり!!
日曜日にはサンデーローストを優雅に食べる人達の姿も。

PUBが人々の生活に密接で、憩いの場だということが伝わってきます。


散々チェーン店のPUB料理を紹介しましたがイギリスPUB文化の醍醐味は歴史あるPUBに行くこと。
何百年も続くお店もあるほどその歴史は長いのです。


また、PUBに行く際に注目したいのがその店名!

昔はPUBの上に宿泊施設があるケースが多く、その際に旅行者に簡単に見つけてもらうためにイラストが描かれた看板を店につけていたそう。
そのイラストは土地に由来したものやおとぎ話のキャラクターなど。

PUBの名前はイラストからとられているので、面白い名前のことが多いのです(^o^)
店名がだじゃれなんてこともあるそうです!!



TimeOutこちらのホームページを参考にPUBでイギリス文化を体験してみては?


ABOUTこの記事をかいた人

Ai

青山学院大学4年。CULTUREAL編集長兼ライター。国内外の文化を体験し、発信することで、日本の大学生の能動的な海外経験と文化体験を応援するプロジェクトを行っています!