「College Cafe by NIKKEI」で、島キャンレポート連載!

島キャンレポート

College Cafe by NIKKEIで連載中!

島キャンレポート

都会の大学生が離島で2週間働きながら、島おこしを手伝うインターンシップ「島キャン」。

実際に島キャンに参加した学生の声を発信する企画としてスタートした「島キャンレポート」という連載に、編集長の多葉田とライター外山が記事を寄稿させていただいています。

わたしたちの書いた島キャンレポートが読めるのは、成長意欲にあふれた大学生が「学び方」「生き方」「働き方」を考える上での材料を提供する情報サイト、「College Cafe by NIKKEI」。

ぜひチェックしてみてください(^^)

 

リアルな島おこし体験が読める「島キャンログ」

SUP

CULTUREALでも「島キャンログ」という、就業期間にリアルタイムで対談形式で、島おこしの取り組み内容や気づきを伝えるシリーズを書いています。

リアルタイムならではの生き生きとした言葉で綴られているので、ぜひ日本の地域に興味がある方はこちらも合わせて読んでみてください。離島の魅力も感じて頂けると思います!
【島キャン★ログ】与論島でのインターン前に思うこと@フェリー
【島キャン★ログ】与論2日目夜@民宿松園
【島キャン★ログ】与論4日目夜@松園
【島キャン★ログ】与論7日目@町役場
【島キャン★ログ】与論10日目@町役場
【島キャン★ログ 最終回】与論14日目@フェリー

なぜアクティブな海外体験を提案するウェブマガジンで、日本の離島の地域おこしインターンシップ?と思われるかもしれません。

理由は、海外に目を向けるとその分、日本を見つめ直す必要性に気がつくはずだから。

「日本の地域の魅力を外国人に伝えられる人を増やしたい」「日本の中での異文化を体験して発信したい」という気持ちがあり、CULTUREALで島キャンについてお伝えすることにしました。

詳しくは、こちらの記事で。
【島キャン】第3期生として「島おこしインターンシップ」に参加します!

海外体験に関心があるグローバルなみなさんにこそ島キャンを知っていただき、ぜひそのグローバルな視点で日本の地域を実際に見て、体験していただきたいです!

その最初のステップとして、島キャンは本当におすすめ。

 

「島キャンレポート」を要チェック!

スクリーンショット 2017-11-27 1.06.21

「島キャン」リポート(2) 海外志向の私が離島に目を向けたワケ by.多葉田
「島キャン」リポート(3) 「方言」に冷や汗?!外からの目線でお手伝い by.外山
「島キャン」リポート(4) 価値観変わる刺激があった島で自分を見つめ直そう!! by.外山
「島キャン」リポート(5) 「記者になりたくて」視野が広がった2週間 by.外山
「島キャン」リポート(7)家のような温かい「まちづくり」をしたくて by.多葉田

ABOUTこの記事をかいた人

Ai

青山学院大学4年。CULTUREAL編集長兼ライター。国内外の文化を体験し、発信することで、日本の大学生の能動的な海外経験と文化体験を応援するプロジェクトを行っています!