1人参加でも大丈夫!コンチキのおすすめの楽しみ方【体験談/口コミ】

IMG_2450

こんにちは、CULTUREAL編集長のあいです。

今回は、わたしが2度参加したことのある、インターナショナルバスツアー「コンチキ」のツアー内容とおすすめの楽しみ方をご紹介したいと思います!

参加したツアー:アメリカ「ウェスタンハイライツ」(9日間)、ヨーロッパ「ヨーロピアンマジック」(9日間)

コンチキツアーってなに?という方は、こちらの記事(「旅と英会話が同時に楽しめる「コンチキツアー」が大学生に超おすすめ」)を読んでみてください!

 

コンチキツアーは、ひとり参加がおすすめ!

コンチキは、ひとりで参加する人が全体の半分くらい。
わたしも2回ともひとりで参加しました。

英語を使う機会が増え、新しい友だちができるので、ひとりでの参加が断然おすすめなコンチキツアーですが、不安…!という方は多いと思います。

わたしもツアーが始まるまでは、英語でのコミュニケーションとひとり旅に不安を感じていました。

今回は、そんな方に向けて実際にひとりで参加したわたしから、ひとり参加でコンチキツアーを楽しむコツをご紹介したいと思います!
(お友達と参加される方も、一緒に旅するメンバーと仲良くなれるコツだと思ってぜひ読んでみてくださいね!)

 

【コンチキを楽しむコツ①】バス移動でコミュニケーション!

IMG_2387

コンチキは、たくさんの観光地を短期間で巡れる分、移動距離も長いので、ツアー期間中にはほぼ1日中バス移動なんてこともあるほど、バスの中で過ごす時間が多くあります。

1日中バスの中なんて聞くとつまらなそうですが、実は移動時間も楽しいんです!


例えば、席を1つずつ移動して、みんなと自己紹介をし合ったり、クイズをしたり、次のまちでのおすすめの過ごし方をツアーマネージャーが教えてくれたり。
ジョークを言う!恥ずかしかったことを言う!なんていう無茶ぶりもありました(笑)。

車内には、洋楽がずっと流れているので、音楽を聞きながら外の景色を眺めるだけでも、最高の気分。

ひとりで参加しても、毎日いろんなメンバーの隣の席に座ることが出来るので、移動時間にも仲良くなれちゃいます。

 

【コンチキを楽しむコツ②】オプショナルプランに参加!

サンディエゴコンチキには、オプショナルプランがたくさん!

ツアーが開始してから、ツアーマネージャーから直接バスの中で説明があり、参加する場合は現金かクレジットで支払いを行います。

金額が高いものも多いので、学生のお財布事情だと全部参加!というのはなかなか難しいですが、なるべく参加することをおすすめしたいです。

 

写真はわたしが実際に参加した、アメリカ・サンディエゴでのオプショナルプランで、ジェットボートに乗った時の様子です。

2人1組でボートに乗るので、ペアになった子と仲良くなることができました!

ペアの子は友達とコンチキに参加していましたが、友達は自由行動を選んだそう。
このような感じで、それぞれが自由にプランを選ぶので、いろんなきっかけで友達が増えていきます。


サンディエゴ

食事もツアー料金に含まれているものもあれば、各自で自由に取る時もしばしば。
メンバーが仲良くなる機会もしっかりありながらも、自由度がとにかく高いのが魅力です。

いろんなシーンで話しかける相手を変えて、たくさんの人とコミュニケーションを取ると、自然と友だちが増えていきますよ!

 

【コンチキを楽しむコツ③】ナイトライフも積極的に!

IMG_2172

仲良くなったメンバーとクラブやバーに行くのもコンチキの醍醐味。

20〜21時頃に夜ごはんが終わったあと、ツアーメンバーのほとんどは夜のまちへ出かけていきます。

アルコールが入ると距離が縮まるのは、旅先でも同じ。
ハメの外し過ぎは禁物ですが、フットワーク軽くナイトライフを楽しむことも友だちを作るコツのひとつ。

 

と言いつつ、1回目にコンチキツアーに参加したとき、わたしは19歳。
アメリカで飲酒ができる21歳に達していなかったのでナイトライフは満喫できませんでした…。

ちなみに21歳以下の参加者は私ひとり。
最年少とわかるとツアーマネージャーさんもメンバーのみんなもとっても優しくしてくれましたが、みんなが夜の街へ出かけて行くのを見送るのは寂しかったです。

アメリカのツアーに参加する場合は21歳の誕生日を待ちましょう(笑)。

写真は、2回目に参加したヨーロッパのツアー。
念願かなって、イタリアでワイン、ドイツでビールなどそれぞれの都市のお酒を楽しみました(笑)!

 

【コンチキを楽しむコツ④】ツアーマネージャーさんのおすすめを聞く

スクリーンショット 2018-01-14 22.11.21

ツアーマネージャーさんは何度もツアーを経験しているので、とっても知識が豊富。
絶対立ち寄った方が良い場所やおいしいごはんが食べられるレストランなど、おすすめをたくさん教えてくれます。

オプショナルプランも「これはおすすめ」「これはあんまり・・・」と正直な意見を言ってくれたので、とっても参考になりました。

目的地に着くまでに、主要観光スポットなどが書かれたプリント(2回目の参加の時はかわいい手書きメモでした!)を渡してくれるので、それを読んでマネージャーさんのアドバイスを聞けばひとり時間も楽しめます!

 

【コンチキを楽しむコツ⑤】自由時間に自分なりの旅を楽しむ!

スクリーンショット 2018-01-14 20.35.04

団体行動なので、バスで移動する際の集合時間にはシビアですが(遅刻するとみんなの前で踊らされるという罰ゲーム?がありました!笑)それ以外の行動は基本的に自由。

なのでわたしは自由時間の合間に、留学中の先輩と会い、寮を見学させてもらったり、ビーチまでドライブに出かけることに。

ツアーと言っても、こんな風に現地の友だちと会ったりすることもできる、コンチキならではの自由時間を活かしてみるのもおすすめです

 

コンチキツアーにリピート参加したわたしが考えた、コンチキツアーのおすすめの楽しみ方は以上です!

コンチキの参加者は、バス1台で50名くらい。
とにかくいろんな人に話しかけてみれば、気の合う友だちがきっと見つかるはず。

ぜひ積極的にいろんな人に話しかけて、世界各国の友だちと旅を楽しんでくださいね♪