9日でヨーロッパ7ヶ国!忙しい社会人にもおすすめのコンチキツアー

スクリーンショット 2018-01-15 23.43.28

こんにちは、あいです!

年末年始に仕事のお休みをいただいて、9日間で7ヶ国を巡るインターナショナルバスツアー「コンチキ」に参加してきました!
(詳しくは、「旅と英会話が同時に楽しめる「コンチキツアー」が大学生に超おすすめ」をご覧ください。)

ドイツ、イギリスへ短期留学をしたことがあり、学生の頃から大好きなヨーロッパをぐるっと巡りたい!というわたしの願いが詰め込まれたツアールートです。

スクリーンショット 2018-01-14 22.41.35※地図中の数字は宿泊数。(http://www.jstgroup.com/contiki/tour/eu/eu-magic.html

 

以前コンチキに参加したのは、大学2年生のとき。
アメリカ西海岸を9日間かけて巡りました!

その時も最高の体験ができて、大学生にはぜひコンチキに参加してほしいという想いを持っているのですが、社会人として参加した今回、「社会人にもコンチキに参加してほしい!!」と強く感じました。

 

ということで、今回の記事ではコンチキの魅力が伝わるように、実際にわたしが体験したツアーの様子をお伝えしたいと思います!

 

【プレミーティング@ロンドン】

S__11960325

パスポートのチェックなどのため、ツアー前日にはプレミーティングがあります。

参加は必須ではありませんが、自分のツアーマネージャーを確認したり、ツアーメンバーと最初に話すきっかけになるので参加するのが良いと思います。

 

ロンドンは、ヨーロッパツアーの拠点ということもあり、コンチキの提携しているホテルと専用のレセプションもあります。

同時に5〜6種類ほどのツアーメンバーが集まっていました。

 

【1日目】ロンドン⇒アムステルダム

スクリーンショット 2018-01-15 23.39.32

朝早くロンドンを出発して、ツアーがスタート。

ドーバー海峡を渡り、フランスを経由して最初の目的地であるアムステルダムを目指します。
フェリーの中でも、いろいろなメンバーと話すことができました!

 

アムステルダムに着いたら、まずはホテルにチェックイン。
ホテルの雰囲気はこんな感じ!

スクリーンショット 2018-01-15 23.41.29スクリーンショット 2018-01-15 23.42.09

パリなどのホテルが高いところや、田舎町などだともっと質素なところもありますが、我慢できない程汚かったりということはありません。

wifiは基本的にどこのホテルにもありました!

 

スクリーンショット 2018-01-15 23.43.15
ごはんの後は、オプショナルツアーで運河クルーズを楽しみました。

綺麗な運河の風景となかなかカオスな裏通りのギャップが面白かったです…!

 

【2日目】アムステルダム→ラインバレー

スクリーンショット 2018-01-15 23.40.11

お昼頃まではアムステルダムで、自由時間。

 

仲良くなったインド人の男性、アメリカ人の女の子、イギリスに留学中の日本人の女の子とショッピングや食べ歩きなどを楽しみました。

スクリーンショット 2018-01-15 23.43.28

クリスマスシーズンなので、ツリーもとっても綺麗。

 

午後は移動して、ドイツのラインバレーへ。
夜は近くのホテル近くのワイナリーでワインテイスティングを楽しみました!

 

【3日目】ラインバレー⇒ミュンヘン

スクリーンショット 2018-01-15 23.41.08次の目的地は、バイエルン地方の州都ミュンヘン。
オクトーバーフェストで有名なミュンヘンのビアホールで地ビールを満喫。


夜ごはんなど食事の度に、いろんな人と話すことができてとっても楽しいです!

 

【4日目】ミュンヘン⇒ヴェネチア

スクリーンショット 2018-01-16 0.06.28

ミュンヘンからヴェネチアへの道中には、ユダヤ人の収容所にも立ち寄りました。

悲しい過去ですが、教科書でしか知らない場を自分の目で見ることができて良かったです。

 

【5日目】ヴェネチア

スクリーンショット 2018-01-15 23.44.23スクリーンショット 2018-01-16 0.07.55

この日は、終日ヴェネチアで過ごしました。

地元のガイドによるウォーキングツアーとゴンドラを体験。

スクリーンショット 2018-01-15 23.45.17IMG_2240
夜は、現地で調達した仮面をつけて本場のイタリアンを食べました。

この日は雨で、景色を存分に楽しむことはできませんでしたが、こういったアクティビティがあるので様々な楽しみ方ができます

 

【6日目】 ヴェネチア⇒ルッツェルン

スクリーンショット 2018-01-16 0.06.53スクリーンショット 2018-01-15 23.42.27

 

次は、スイスのリゾート地ルッツェルンへ。

車窓からは壮大な雪山を眺めることができ、バスの移動も飽きません。

スクリーンショット 2018-01-15 23.43.03スクリーンショット 2018-01-15 23.44.53

この日は仲良くなったシンガポールとインドネシア生まれの2人と一緒に自由行動を過ごしました。

 

イギリスの大学進学を目指して、ウェールズに留学中というシンガポール人の彼は、ツアー最年少の18歳。

年下の彼ですが、世界中を旅していて、異文化への理解があり、自分の意見もしっかり持っていて、本当に衝撃を受けました。

 

普通の旅ではなかなか接点を持つことができない、旅先以外の国の人とも深くコミュニケーションを取ることができる、コンチキならではの出会いでした。

 

【7日目】ルツェルン⇒パリ

スクリーンショット 2018-01-15 23.45.33スクリーンショット 2018-01-15 23.46.43

あっと言う間に最終目的地のフランスへ。

夜に到着し、ライトアップされたエッフェル塔に登りました。

 

【8日目】パリ

スクリーンショット 2018-01-16 0.08.35
午前中は、みんなでパフュームミュージアムを見学。

午後は、自由行動でエッフェル塔が綺麗に見えるという公園やシャンゼリゼ通り、ルーブル美術館など定番の観光地を楽しみました。

 

【9日目】パリ→ロンドン

スクリーンショット 2018-01-15 23.46.19

最後は行きと同じように、ドーバー海峡をフェリーで渡り、ロンドンへ戻ってきました。

夕方頃ツアーは終わりましたが、大晦日ということもあり、みんなで夕食へ出かけ、そのまま年越し!

 

というプランでしたが、最後に風邪をひいてしまい、わたしは外での年越しは断念。
冬のヨーロッパの寒さと大人数のバス移動で風邪が蔓延してしまっていたので、冬にコンチキに参加される方は風邪対策(防寒、風邪薬、マスクなど)はぜひ厳重に!

 

年越しのカウントダウンは叶わなかったものの、ツアー後に後泊をつけたので、元旦に1番好きな景色であるロンドンのタワーブリッジを眺めながら、テムズ川沿いを歩くことができ、幸せな年明けでした。

 

社会人になってコンチキに参加してみた感想

スクリーンショット 2018-01-16 0.09.12
今回は、大学2年生ぶり(約5年ぶり)にコンチキに参加し、ヨーロッパを最高のメンバーと巡ることができ、本当に本当に忘れられない旅になりました!

 

社会人になるとお休みも取りにくかったり、旅行の準備の時間も取れなかったりと旅することに億劫になってしまう方も多いと思います。

わたしも旅に対して腰が重くなってしまっていましたが、今回2週間ほど旅に出たことで、見失っていた「自分が心から好きなこと、ワクワクできること」を思い出すことができました。

 

コンチキは、旅先での美しい景色や美味しいお食事、文化だけでなく、世界各国から集まったツアーメンバー、フレンドリーなcontikiスタッフにも出会うことができる、素晴らしいツアー。

移動や宿泊などの手配はコンチキにまるっとお願いできるので、ぜひこのコンチキツアーを活用して、忙しい社会人も旅に出るきっかけになれば嬉しいです!