ロンドン留学で出来た友人の東京観光をプロデュース

六義園


Talk to me day△ロンドンのグリーンパークでチェリーと(^^)

初対面の人との交流が楽しい「Talk to me」というロンドン留学中に参加したイベント(詳しくはこちらの記事を読んでみて下さい)で仲良くなったチェリー。
私の帰国の3日後に日本に来るということで、会う約束をしました!

メールでチェリーの行きたいところを聞いて、東京観光をプロデュース♪

とっても喜んで貰えたので、留学中に仲良くなった海外の友達に日本をガイドする機会が出来たら、こんな場所に案内してみては?


★お金をかけずに東京を楽しむには!?

 

朝ごはん
ステイ先の渋谷のホテルのロビーで待ち合わせしたら、朝ごはんを食べに向かいます。

着いた先は牛丼チェーン
おしゃれではないですが(笑)、安くて美味しいのでおすすめ。

小鉢がたくさんある朝定食も喜んでもらえると思いますが、お昼や夜ごはんに牛丼を紹介してみても◎。
外国人の友達ウケ抜群です!


六義園
朝ごはんを食べて、次に向かったのは六義園
(入園料は一般300円。詳しくはこちらから)

日本の庭園と茶道体験をしてみたいとのことだったので、ホームページで調べてここを案内しました。


六義園
とっても綺麗!
ちょうど良い大きさで、会話を楽しみながらゆっくり散歩することが出来ます。

都心からのアクセスが良いので、プランに組み込みやすいです。


六義園
チェリーも気に入ってくれました♡


六義園
ティーセレモニーを体験したいとのことだったのですが、短時間で気軽に体験出来るところがなかなか見つからず、六義園内のお茶屋さんで雰囲気だけ味わうことに!

その場で点てられた抹茶と綺麗な和菓子のセットを500円で楽しめるので、かなりリーズナブル。

お茶屋さんで一休みしたあとは、原宿に移動して竹下通りを案内しました。
竹下通りの100円ショップは大きくて、和小物や抹茶のお菓子が充実しているので外国人観光客で賑わっています。

そのあとは渋谷に戻って、遅めのお昼ご飯。

ガイドのお昼ごはんでも定番な大戸屋へ。
チェリーは少し風邪気味で体調が良くなかったので、うどんを勧めました。

美味しいと言って完食してくれて一安心。

その後はヒカリエのデパ地下を案内しました。

華やかな店内にテンションアップ!試食ももらえるし(笑)。
おみやげを買う場所としてもおすすめ。


リンツ
ホテルに戻る途中にリンツを見つけたチェリーが「ホットチョコレートが飲みたい!」というので最後の休憩。
日本ではココアの方がなじみ深いですが、イギリスではホットチョコレートの方がポピュラーな印象。

チェリーは若く見えるので日本に来るまで知らなかったのですが、実はおばあちゃんの年齢。
長時間のフライトの疲れも抜けていないようだったので、休憩をたくさん取りながらのゆったりプランでしたが、いろんな体験を出来たと喜んでくれました。

ご年配の方でなくても、旅先だと楽しくて気づかないうちに疲れてしまうということが起こりやすいなので、アテンド側が多めに休憩を取るようにするといいかもしれませんね♪


★オムライスは日本のオリジナル料理!


オムライス
滞在中にもう一度チェリーと会えるタイミングがあったので、ホテルの近くで一緒にお昼ごはんを食べました。

ずっと外国人に紹介したいと思っていたオムライスのお店に行きました。

日本だとなぜか洋食のカテゴリーに入っていることが多いですが、名前にライスの文字が入っていることからも明らかなように、オムライスは日本発祥の料理。

オムレツやデミグラスソース、ケチャップなど外国人も食べ馴れている味なので気に入ってもらいやすいと思います。
チェリーにも大好評でした〜!!


渋谷
チェリーの隣に写っている方は、私と同じくらいの歳の時にチェリーの家にホームステイしていたそうで、彼女と数十年ぶりに日本で再会することがチェリーの今回の旅の1番の目的。

ステイしたのは何年も前なのに、そのときからずっと連絡を取り合っている素敵な関係なのです。

日本では彼女と彼女の家族と箱根旅行を楽しんだみたい♪

このとき話したのはほんの少しの時間でいたが、チェリーの紹介で連絡を取り、後日改めて2人でゆっくりお話させて頂きました。
これもチェリーとの出会いのおかげ!


ロンドンで偶然一度会っただけのチェリーとこうして日本でも会うことが出来てとっても嬉しかったです!
チェリーも「会おう!」っていう口約束は簡単だけど、こうやって実際に会うことが出来て感激したと言っていました。

帰国後もたまにメールのやり取りをしていて、いつでもロンドンに遊びに来てねと言ってくれるので、今度はロンドンでの再会が楽しみです(≧▽≦)