コラボレーションを生む場所、コワーキングプレイスHUBを取材してきました

HUB Islington



インタビュー△めちゃくちゃ丁寧にHUBについて教えて頂きましたm(_ _ )m

社会起業家(事業を通じて社会問題の改善を図るために起業する人。コトバンクより)と呼ばれる方達の共同オフィスとして役割を果たすのが、今回取材させていただいた、「HUB」


私もコワーキングスペース( 様々な業種、年齢の人々が集まり、アイデアを共有しながら仕事をする場所)という言葉自体を知らなかったのですが、東京にもHUBがあり、ロンドンには4つ、世界的には40カ国以上に計54ものHUBがあります。


そして、ロンドンは世界で初めてのHUBがある場所でもあります。


私訪れたのは、その世界で最初のHUB IslingtonとHUB Westminster。



では早速ご紹介していきたいと思います!!



★家族のようなコミュニティ



HUB Westminster△広さに驚いたHUB Westminster


ネットを通じた社会環境のためのコミュニティ作りを目的に、最初のHUBがスタートしたのは、今から9年前の2005年。



アイディアやモットーを積極的にシェアし、フランチャイズではなく、家族のようなコミュニティとして広がり続けています。

ヨーロッパを中心に広がり、現在はアジアへもどんどん進出しています。


イベント△様々なイベントが曜日ごとに目白押し♪

毎日イベントが盛り沢山なこともHUBの魅力の1つ。

ランチパーティー、ドリンキングパーティー、講演会、ヨガのレッスンまであります。

このようなイベントもメンバーの距離を縮める一因ですね(´∀`*)



★会話からビジネスを!!


会議室△おしゃれな会議室があるHUB Westminster



HUB で最も若いメンバーを聞くと、20代前半だそうで、最も多い年齢層は30〜40歳。

経験を積むため、コワーキングプレイスで働くからこそ得られるコミュニケーションを通じて、コラボレーションをしたり、新しいアイディアを生み出すためにHUBを利用する方が多いそうです。

中にはHUBで新規ビジネスを立ち上げる方も!!



HUB


HUBのオフィスはオープンデスク。物理的だけでなく、心理的にも「壁」が感じられません。

Webデザイン、イベント、スクール関係といった多種多様な職種の方と
気軽にコミュニケーションをはかることが出来ます。


会話からビジネスアイディアを生み出すことがHUBのモットーだそう(^^)



★広く深い繋がりで情報共有

HUB SNS△実際に使われているHUB内のSNS



それぞれのHUBには専用のSNSがあり、メンバーはそこで情報を発信したり、他メンバーからの情報を受け取ることが出来ます。




HUB Islington△アットホームな雰囲気のHUB Islington




また、私も実際に2カ所のHUBを訪れて感じたのですが、HUBにはそれぞれの個性があります。

けれど、各HUBが独立しているのではなく、世界中のHUBと繋がりがあるところがHUBの魅力です。


 

* * * * *



新しいアイディアやビジネスが生まれる場所を取材することが出来、とても刺激を受けました。


私が感じたHUBの最大の魅力は「インターアクション」

1つのビジネスアイディアを、その社内だけで留めるのではなく、
情報をシェアすることで、異業種と思わぬコラボレーションが生まれる可能性があります。


そんなコラボレーションを生むために必要なものはネットワーク。
現地コミュニティに参加することで得ることの出来る繋がりの広さを知り、
こうした場に積極的に参加することの必要性を強く感じました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

Ai

青山学院大学4年。CULTUREAL編集長兼ライター。国内外の文化を体験し、発信することで、日本の大学生の能動的な海外経験と文化体験を応援するプロジェクトを行っています!