語学学校の授業サポーターになって、留学生と異文化交流♪

Kai

Kaiホームページよりスクリーンショット


イギリス留学中に日本文化を学んだり、日本語を教えるためのセミナーに参加したことで、帰国後は日本に滞在している留学生達と交流したいと思い、語学学校の授業サポーターを経験しました。

私が申し込んだのはカイ日本語スクール
校舎は新大久保にあり、様々な国から来た学生達が日本語を学んでいます。
コミュニケーション重視の授業が特徴で、日本人との交流の機会がたくさんあります。

★留学生をサポートする4つの方法

授業サポーターhttp://www.kaij.jp/supporter/tutor.html


Kaiの場合、留学生との関わり方は4種類あります。

1つめは、ティーチングアシスタント(TA)
日本語教師を目指されている方のためのインターンプログラムです。
TAに申し込むには、養成講座の受講終了、検定試験合、日本語専攻中または卒業などの条件のうち、1つを満たしている必要があります。


2つめは、フリートークへの参加。

教室で教師の話す日本語以外に様々な日本語に接する機会をできるだけ多く持つためカイ日本語スクールではフリートークの時間をもうけています。フリートークとは、外国人留学生と一般の日本人の方が毎回クラスによって決められたテーマに沿ってお話しいただくものです。
http://www.kaij.jp/supporter/freetalk/first.html

 

3つめは、授業サポーター
作文クラスの授業をサポートするボランティアスタッフです。

このクラスの目的は、書くことにまだまだ苦手意識を持つ日本語学習者が、<書くことに慣れ、その楽しさを知り、さらに自分が表現したことに共感してもらう喜びを知る>ことにあります。
作文クラスでありながら、ディスカッション、意味交渉の練習も含まれた総合的なクラスですので、日本人の皆さまが最高の学習リソースになります。
http://www.kaij.jp/supporter/lesson.html

4つめは、ホストファミリー
海外の学生がせっかく日本に興味を持っても、東京は受入先が少なく、日本の家庭を紹介することができない現状。この問題を解決するために、Kai日本語スクールではホームステイプログラムを新しくスタートさせたそうです。

★おすすめは授業サポーター!

Kaihttp://www.kaij.jp/course/


私は、フリートークと授業サポーターを経験しました。
フリートークは気軽に参加出来るので、まずは留学生との交流を楽しみたいという方におすすめ。

参加回によってトピックが設けられているので、そのトピックを中心に留学生たちと自由に会話を楽しむことが出来ます。

留学生と仲良くなりたい、日本語を教えてみたい、日本語の教え方を勉強したいという方には授業サポーター(作文サポーター)がおすすめ。
1回から参加可能ですが、クラスが組まれているので、続けて参加すれば留学生との距離が縮まります。

授業の流れは、まず留学生達が考えたテーマをディスカッションし、作文を書きます。ここで日本人サポーターは学生に自然な言い回しや漢字を教えます。そして出来上がった作文を発表し、フィードバックを行って終了です。

これを1回の授業で行います。なので結構なボリューム感!

普段喋っているはずの日本語でも、教えるとなるとなかなか難しい・・・。
そんな時は先生がサポートして下さいます。

微妙なニュアンスの違いなども先生に説明して頂くと腑に落ちるので勉強になります。
日本語を勉強している学生の視点に立って、日本語を考えることはとても良い経験になりました。


Kaihttp://www.kaij.jp/yousei/


そして1番の楽しみは、出来上がった作文を発表する時間。
自分がサポートした学生の発表を聞けるのはとても嬉しい!
そして、それぞれの国のキャラクターが感じられる意見がとっても面白いのです。

例えば、「タイムマシーンがあったら、いつの時代に戻ってなにをしたいか」というテーマの回。

ドイツからの留学生の女の子の発表は、「創世記の時代に戻って、聖書の話が本当か確かめたい」というものでした。

「私はキリスト教を信じているけれど、最近はキリスト教徒が減っている。その理由の一つに創世記の話(聖書の内容)が信じられないからというものがある。なので過去に戻って、その時代の証言者になりたい。」のだそう。

同じテーマで作文を書いたとしても、日本人のクラスで彼女と同じアイディアを聞くことはなかなかないですよね!

他にも「お金は一番大事か」「日本人が英語を話せないのはなぜか」「日本で心が温かくなったこと」などの面白いテーマがたくさんありました。

作文クラス終了後には授業で書いた作文を文集として送って下さるので、参加出来なかった回の作文も読むことが出来ます♪

サポーター同士でも仲良くなり、授業後にランチをしたりしました。
普段は日本語を教える予定もしくは教えた経験のある方の参加が多いそうなのですが、私が参加したクラスはたまたま大学生が多かったです。

参加した時、私は大学3年生でしたが、一緒だった方達は4年生で「就活も終わって、大学の授業も少ないから、やってみたいな〜と思って!」という理由で参加されていました。
こういう出逢いも楽しかったです!

申し込みはホームページから簡単に行うことが出来ます。申し込み後はメールでインフォメーションが届くので、案内にしたがって申し込みを完了させて下さい。

教えながら、たくさんの気づき得ることが出来るとても楽しい機会でした。
興味のある方はぜひチャレンジしてみて下さい(^^)