ロンドンで参加したい面白いツアー3選

ロンドン ツアー


普段ESSでガイドをしていることもあり、観光都市ロンドンのツアーにとっても興味があった私。

滞在中に3種類の面白いツアーに参加してきたので、それぞれ紹介したいと思います!!

英語の難易度を★で表していますが、完全に主観です。ご参考までに。


1.street art tour & work shop 



street art tour

時間:約4時間

価格:30£

概要:街中に隠れているストリートアートを巡るウォーキングツアーとスプレーアートのワークショップ

英語の難易度:★★☆☆☆

ホームページ:http://www.goldentours.com/street-art-tour-workshop



バンクシー△ロンドンを中心に活動する超有名アーティスト、バンクシー(Banksy)の作品



まず、ウォーキングツアーでは、ロンドンのストリートアートの歴史や有名なアーティストのことなどをストリートアート初心者(私w)にもわかりやすく説明してくれます。
ワークショップに向けて、どのような方法で描かれているかなども教えてくれます!


例えば上のバンクシーの場合、あらかじめ紙を何枚も切り抜き、それらの紙を組み合わせてスプレーをするという「ステンシル」で作品が作られています。

アルファベットの文字1つ1つの間にある余白は、スプレーをしたときに液が下に垂れるのを防ぐため。
人の輪郭もすべてを描くのではなく、ブランクを作りながら曲線を表現しているそう!




ガム

こちらはなんと「ガム」アート。
道ばたに落ちている小さなガムでほとんどの人が見落としてしまうはず!

景観を損ねるという理由で多くのガムアートは清掃されてしまったそうですが、このように残っているものもあるそうです。
自分では見つけられないような所に隠れたストリートアートを紹介してくれます!

上を見上げたり、地面を見たり、脇道に入ったりと、普通に歩いていたら気がつかないところにあるアートを発見するのがとても面白かったです(*´∀`*)

このツアー参加後、街を歩くのがより楽しくなりました( ´▽`)




ワークショップ


ウォーキングツアーのあとは、お昼休憩を挟み、午後はワークショップ。実際にスプレーアートにトライ(`・ω・´)

ステンシルで作品を作るので、まずはイラストを下書き。
複雑な形はカッターで切り抜く際、スプレーする際に難易度が高いので、私は曲線のない「折り鶴」を題材にしてみました(笑)

次に、下書きに沿って形を切り抜いたら、いよいよスプレーに挑戦!!




ワークショップ

スプレーする際の力加減や、壁との距離感などをレクチャーしてくれます。
かなーり久しぶりにスプレーをして、めちゃくちゃ楽しかった(≧▽≦)



ワークショップ

こちらが私の作品!
2つのグループに分かれてスプレー体験をしたのですが、私がスプレーを終えて、2つ目のグループの様子を覗きに行くと、私の作品に額をつけてくれてました(笑)

紙にもスプレーすることが出来、自分の作品を持ち帰ることが出来ます。


日本ではアートとしての認識が薄いストリートアートですが、このツアーを通じてアーティストの方の技術や作品に込められたメッセージを知ることが出来ました!

ガイドの方が、このツアーはone wayではなく、interactiveだと強調していた通り、参加者の方が積極的に質問していたり、実際にスプレーアートに挑戦出来たりと、参加型のツアーで最後まで楽しめました(´∀`*)

英語の説明もとってもわかりやすかったです♪




2.cycle tours of london



bike tour


時間:約3時間30分

価格:20£(学生は17£)

概要:クロスバイクに乗って有名な観光地からあまり知られていない場所まで巡る。各所で簡単な解説を聞くことが出来、休憩ではマーケットに立ち寄る。

英語の難易度:★★★☆☆

ホームページ:http://www.biketoursoflondon.com/


このサイクリングツアーには3種類のコースがあり、私が参加したのはセントラルロンドンの名所を押さえたSights of London tour
本当はThe east end tourという、ローカルな場所を巡るツアーに参加する予定だったのですが、集合場所の最寄り駅がその日封鎖されていて(ロンドンあるある笑)待ち合わせの時間に間に合わず、、、

午後まで出発を待って、Sights of London tourに参加したという経緯です。
集合場所が少しわかりにくいので早めに行くことをおすすめします(笑)

この2つのコースの他にThe canal tourという3コースがあります!
興味がある方はホームページに日時やコースの内容が詳しく書かれているので見てみて下さいね(^^)




bike tour        △国会議事堂とビッグベン



ロンドンは橋から眺める景色がとにかく綺麗!!
天気が良かったので、サイクリング気持ち良かったです(^o^)




ウェストミンスター寺院


途中トンネルの中のアートを見たり、公園を通ったりしながら向かったのはウェストミンスター寺院。綺麗すぎる・・・

それから移動してバッキンガム宮殿へ行き、ハリーポッターゆかりの場所へ。




ダイアゴン横丁


ダイアゴン横丁のモデルとされるストリート
この他、建物と建物の間の細い路地を入って「ハリーポッターと謎のプリンス」の舞台へも案内してくれました


この後はコベントガーデンで休憩タイム。
絶品ジェラートを食べました♡

休憩後は途中寄り道しながら、最初の集合場所へと戻りました。


有名な場所だけを巡るかと思いきや、自分では絶対見つけられない路地を教えてくれたり、美味しいPUBなども紹介してくれる大充実の内容でした♪

ロンドンは自転車都市
至る所にレンタルサイクルがあり、ロンドンに訪れればきっとサイクリングしたくなるはず!!

天気の良い日はサイクリングツアーへの参加がおすすめです(^^)



3.Bullshit London Central Walk



bullshit tour

時間:約2時間

価格:10£

概要:セントラルロンドンをコメディアンの「でたらめ」な解説を聞きながら散策

英語の難易度:★★★★☆

ホームページ:http://www.bullshitlondon.com/



コメディアンの方が開催されているユニークなこのツアー。
参加前にこのツアーの名前を話すと、「参加してみて!どんなツアーだったか教えて!」とみなさん興味津々。

実際に参加者も多かったです。

ツアーの内容はというと「bullshit(でたらめ)」という名前の通り、最初から最後まで1つも事実を聞くことはありません(笑)




bullshit tour△ツアー中に撮影した数少ない写真のうちの1つ



例えば、ロンドンアイ(観覧車)は現代の刑務所だとか、あきらかになんでもない建物を「〜世紀に建てられたお城」だとか・・・
写真を撮りたかったんですけど、ここで写真を撮ったら「ただのビルを本当に有名なお城だと勘違いしているかわいそうな人」だと認識されること間違いなしだったので、断念しました(笑)

マーケットに着くと、「今は映画撮影中でここにいる人たちはみんな芝居中なんだ。」と言い出し、実際に一般の人に「撮影はどう?」なんて声をかけだします(笑)



bullshit tour△有名な映画のロケ地だそうですよ・・・笑



道中にある何十本かの木(決して林とかではないw)の間を侍の戦いをイメージしながら通り抜けたり、みんなで手を繋いで円になったり、橋の上で歌わされたりと参加者もコメディアンになることが求められます(笑)


そんな感じなので間違っても「観光」目的でこのツアーに参加しないように!!笑

写真を撮るような場所には案内してもらえないし、とにかく動き回るので写真を撮る時間もありません(・ω・)w

参加している方の中に近くのスーパーでワインを買って、プラスチックのコップを片手に説明を聞いている方がいらっしゃったのですが、この方達のように「お酒を飲みながらコメディアンのでたらめな話を楽しむ」というくらいの姿勢で参加することをおすすめしたいです!!


内容的にはくだらなーいのですが(笑)、英語の聞き取りは結構難しかったです!!

なぜなら、笑いには皮肉の要素があり、英語だけでなく、「文化」も知らないと笑いが理解出来ないからです。
政治家や有名人、宗教に関する皮肉を何度か言っていましたが、ユーモアがわからない場面が何度もありました(_ _。)


けれど、参加者のみんなと笑いを共有出来るととっても楽しいです(*´∀`*)

どこまでも「斬新」なツアーでした!!笑



ご紹介したツアーはどれも参加型で、ただ説明を聞くだけではない面白い体験の出来るツアーでした♪

ガイドの方のブリティッシュイングリッシュに触れることも良い経験になるはず!
ロンドンに行かれる際は一風変わったツアーにぜひ参加してみて下さい(^o^)