留学生におすすめしたい&したくないMeetup

Meetup


こんにちは、多葉田 愛(たばた あい)です。

久しぶりの更新になってしまってすいません_| ̄|◯

イギリスから帰国後は新たなチャレンジをしたり、就職活動の準備(これからますます本格化するけれど)などで更新が出来ずにいました。


後期授業も終わって少し落ち着いたので、また少しずつ記事を書いていきたいと思います。

最初はイギリス留学の記事がメインになると思いますが、これからは幅広い国のリアルな文化を知ることの出来るWebマガジンにしていきたいと思っています(^^)


そうそう!新しく部活の後輩の影島翠花こと「かげみか」がライターに加わってくれました!!
本当に嬉しい♡ ありがとう。

「日本で出来る国際生活」についてなんか特に彼女の方が私より断然詳しい気がします(笑)

彼女の記事にも期待していて下さいね♪


そんなちょこっと新しくなったCULTUREALを改めてよろしくお願いします!!



・・・早速ですが、今回は以前にも紹介したことがあるMeetup。
(そもそもMeetupって?と思った方はこちらの記事をご覧下さい)


在英中、少しでも面白そうだな〜と思ったMeetupには積極的に参加したのですが、いろいろなMeetupを体験した中で、ロンドンの文化や住んでいる人の人柄が伝わってきたり、英語力がアップする留学生に特におすすめしたいものを3つ選んでみました。

反対に留学生にはおすすめしたくない、正直微妙だと感じてしまったMeetupについても書きたいと思います!


ではでは、ユニークなMeetup3選からスタートです(`・ω・´)



★参加者100人超えのマンモスMeetup

 

meetup

 

ウォータールー(Waterloo)で毎週2回開催されている大規模なランゲージエクスチェンジのMeetup。


Meetupの初体験記事にちょこっと書いたのですが、このMeetupにはMeetupで仲良くなった友達と参加しました。

開催場所がバーということもあり、リラックスした雰囲気の中で話すことが出来ます。


参加者は多国籍なので話していてとても楽しいです!!
日本人も2〜3人見かけました(^^)


大人数過ぎて溶け込むのが大変そうと思われるかもしれませんが、そんなことは全くなく本当にいろんな人と話しました!

 


夕焼け
少し早い時間に友達とバーを出て、ウォータールーからコベントガーデンまで散歩♪

ロンドンは橋から眺める景色がとにかく綺麗でした♡


 

★6人の見知らぬロンドナーとサパー

 

Meetup

“Supper with six strangers”という変わったグループ名に惹かれて参加した、見ず知らずの6人が集まって夕ご飯を食べるMeetup。

時間通りに指定された場所に行き、レストランのウェイターさんに「six strangers」というちょっと恥ずかしい予約名を伝えて、案内してもらうと、そこにいたのは1人だけ。


しばらくするとオーガナイザーの方が時間を勘違いして遅刻することが判明(笑)

キャンセルも1人でてしまったようで、その後20〜30分かけてなんとか5人集まりました。


英語学習者が集まるMeetupではないので、会話についていくのがなかなか大変。
そして音楽や他のテーブルの会話も聞こえてくる上に、テーブルがやたら大きいという・・・。


話はだいたい理解出来ましたが、そこに入ることがあまり出来ませんでした。
年齢的な問題もあったかもしれません・・・。みなさん社会人。

そうそう、面白かったのが、日本人のご飯の食べ方について。

日本では大人数でご飯を食べにいくと、全員の料理が揃うまで待つことが多いですよね?
先に食べてもいい?と聞いたり。


ロンドンでは料理が来た人からすぐに食べ始めるから、料理が目の前にあっても他の人の料理を待つのは不思議だそうです。


たしかに言われてみれば海外では見ない光景ですよね〜!



Meetup

なかなかメンバーが揃わなかったり、料理やサービスが気に入らないと言い出したりと少し気まずい場面もありましたが、
最終的には全員仲良くなって、解散後もメッセージのやり取りをするまでに!


ロンドンで生活している人メインのMeetupなので、英語が完璧でない私には少し難しかったですが、ロンドナーの生の英語を聞きたい方やある程度ロンドンに滞在して自分の語学力を試したい方におすすめです。


ロンドンにいて感じたことが、ソーシャルな人が多いということ。

ロンドンで生活していて友達や同僚もいるのにMeetupに参加している彼女たちのように、多くの人が新しい出会いに積極的で尊敬しました。



★ゲームやバイブルを通じて英語力アップ

 

 

Meetup

このMeetupのオーガナイザーのお2人(素敵なカップル)は、キリスト教徒で、バイブルを使ったアクティビティーが含まれているとのことで、私、キリスト教徒じゃないけど大丈夫かな?とも思ったけれど、参加者の宗教は問わないみたいなので、参加してみることに♪


小さなカフェを貸し切っての開催で、全部で15人くらいが集まりました。

ネイティブの方が多く、ノンネイティブの方もビジネスレベルまで英語を話せるといった感じの印象。


毎週来ているメンバーがほとんどみたいでしたが、みなさんとっても優しくて、すぐに打ち解けることが出来ました。


席に着いて、近くの人と自己紹介をして、そのあとはみんなでゲーム。

1人の人が紙に歴史上の人物や、政治家、俳優・女優さんなどの名前を書き、その紙を全員の背中に貼ります。

本人は背中に誰の名前が書かれているか、わからないので、いろんな人に背中の人物名を見せて「映画スター?」「イギリス人?」などの質問をして答えを考えるゲームです。

質問はYESかNOで答えられるものでなくてはいけないので、なかなか難易度が高いです。


海外の有名人には全然詳しくないので、何人かわからない人物名もありましたが、自分の背中に貼られた人物はなんとか当てられることが出来ました。

意外と簡単な答えがわからなかったりして面白かった。


その後、聖書の一部分をテーマに簡単なディスカッション。

私自身や日本人の宗教観についても質問されましたが、普段のガイド活動で聞かれることが多いのでいつも通り私の考えを話しました。

聖書については、大学で必修のキリスト教概論の知識で乗り切りました(笑)
理解があると褒めてくれたので良かったです



ここで1番仲良くなったのは、ポーランド人のアグネーシュカ(発音、当っているのかしら?笑)

このMeetup後、週1ペースでお家にお邪魔させていただきました。
引越しを手伝ってくれたり、ごはんをご馳走してくれたり、お泊まりもさせてくれた優しいお姉ちゃん的存在。(って私、完全に甘え過ぎ←)


イギリスでは年々本当に心からキリスト教を信じている人は少なくなっていて、多くの人が日本の仏教のように「慣習」として捉えるようになってきているそうですが、信じる信じないに関わらず、「宗教観」が話題に上ることは日本よりもずっと多いように感じました。

アグネーシュカによると、ポーランドでは9割以上がカトリック教徒だそうです。

同じキリスト教徒でも、バイブルを事実と捉える人やメタファーだと捉える人など様々で意見を聞いていて勉強になりました。


それぞれ違う考えを持っていたとしても、お互いに尊重することが出来れば、友達になれるということを改めて実感できた出会いでした。




* * * * *



このように楽しかったMeetupもあれば、正直「微妙(・ω・`)」と思ってしまったMeetupもありました。


それはずばり「日×英 Meetup

日本人とロンドンに住んでいる人のMeetupです。

理由は簡単なのですが、まず英語を話したいのに大量の日本人を見るとそれだけでなんだかテンションが下がります(笑)
あとは、日本人がいるとたとえグループに外国人がいてもなんだか話しにくいし、日本語で話しかけてくる日本人もいます。

日本人もイギリス人も全体的に出逢い目的?という感じで雰囲気もあまり好きではありませんでした。


とはいえ、そのMeetupでさえ(笑)素敵な出逢いもありました。

どんな場であれ、1人くらいは自分に合う人がいるはず。
そんな感じであまり構えずにいろんなMeetupに参加して、交友関係をどんどん広げて言ってみて下さい♪

というのが6週間の滞在でMeetupに10回近く参加した私からのアドバイスです(笑)

 

ABOUTこの記事をかいた人

Ai

青山学院大学4年。CULTUREAL編集長兼ライター。国内外の文化を体験し、発信することで、日本の大学生の能動的な海外経験と文化体験を応援するプロジェクトを行っています!