More Story

【体験談】たった一か月のニュージーランド留学を充実させることができた理由<前編>

こんにちは!ゆかです。【COLUMN】私がCULTUREALのライターになった理由。にも書いた通り私は台湾での留学後、大学2年の3月にニュージーランドへ1か月間留学をしました。なんで2回目の留学をしたのか、なんでニュージーランドにしたのか、語学学校とインターンという組み合わせにしたのか、を中心に<前編>、<後編>、<+α>の3記事を通してお伝えしたいと思います!悔しさから思い立った英語圏への留学まず、なんで2回目の留学をしようと思ったかというところから話します。台湾留学に行くまで、英語にそこそこ自信があったんですよね。いまいうとめっちゃ恥ずかしいんですけど。TOEICの点数も比較的よかったし、小学校から英会話教室に通っていたおかげで好きだったので、受験でも得意科目でした。そんな私が台湾にどうなったかというと、自信はコッパミジンになりました。よくそんなので自信があったなあと思うんですけど、本当に英語が話せなかったんですよね。そのとき英語が「できる」と「話せる」は別物だってことに気付きました。どの国の人もネイティブじゃないのにぺらぺら話せるんです。台湾人も韓国人も発音きれいだし、ヨーロッパ系の人はネイティブなのかと思うほど自然に話してました。それを目の当たりにして自信がなくなったことへのショックもありましたし、みんなが英語で会話している中に入っていけないのがすっごい悔しかった。△台湾留学とはいえ、外の活動に参加すると英語を話す機会がたくさんありました。とどめはルームメイトのアメリカ人に言われた言葉。彼女が友だちとスカイプしてるときに「ルームメイトいるのー?話させてよ~」みたいなやりとりをしていたのですが、ルームメイトは「She...