【体験談】私がたった一か月のニュージーランド留学を充実させることができた理由<番外編>

NZ3-3

こんにちは!ゆかです。

今回の記事は私のニュージーランドでの留学体験談ラスト記事です!
<前編>では「どうして2回目の留学をすることにしたのか」「どうしてニュージーランドにしたのか」「どうして語学学校とインターンをすることにしたのか」を中心に、
<後編>では実際にどのような生活を送り、目的を達成できたのかをお伝えしました。

今回はその他留学中のホームステイや空き時間の過ごし方、ニュージーランドのおすすめポイントについて書きたいと思います!

短期留学ならホームステイをするべし!

私は留学中一か月間3人家族の家にホームステイをしていました。
英語圏にはホームステイを受け入れている家が多く、実際に日本からの短期留学生の多くがホームステイをしています。
私のホストファミリーも受け入れるのに慣れているので、居心地が悪いとか居場所がないと感じたことはありませんでした。
部屋もホームステイ用に一部屋あるので快適。私の場合はトイレとお風呂も別々でした。

NZ3-1

△私の部屋

ホームステイのメリットは何より日常的に英語に触れられることと現地の文化を知ることができること。
私のようにほとんど日本人のいない語学学校に通ったり、インターンをして、ホームステイをしていたら一切日本語を話す機会はありません。まさしく英語漬け!

一般的にどうかわかりませんが、私のホストファミリーは夕食は家族で食べることが多かったので、そこで今日あったことを聞かれたり、一緒にでかけて3人が話しているのを聞いたりすることで、現地の文化を知ることができました。

NZ3-2

△ホストファザーが主夫の家庭だったので、ホストファザー手作りのごはん。

現地の人しか知らないおいしい食べものや、おすすめのおみやげとかも教えてもらいました。

ホテルや寮に住んだりすると、現地の日常や現地の人の価値観に触れる機会が少なくなるので、せっかくならホームステイをしてみることをおすすめします!

短期留学中の休日や放課後の時間の使い方

放課後はとりあえず気になったところに行ってみよう

留学中は意外と時間の余裕があります。
私は語学学校で一番授業数が多いコースをとっていましたが、それでも9:00から16:00でした。

放課後はオークランドのメインストリートであるクイーンストリートを散策したり、海を見ながらぼーっとしたり、家に帰る途中のバス停で降りてみたり。

18時くらいに家で夕食なので、それまでに家に帰り、食後はホストファミリーとテレビを見たり、日記を書いたり、英語の勉強をしたりという過ごし方をしていました。なので、日本よりもかなり規則正しい生活を送っていました。

NZ3-3

△オークランドの中心地に港があります。

休日に小旅行をしたいならマナツアーがおすすめ!

土日は、小旅行をしていました。
語学学校にManatourというツアー会社が来ていて、学校で申し込んでツアーに参加していました。

このツアーは主に語学学校に留学している生徒が参加するツアーなので、様々な国籍の人と一緒に楽しめます。参加者は5人前後と少人数なので仲良くなりやすいです。

値段は目的地によりますが、5000円~10000円程度。1日のものもあれば2~3日のものもあります。
一人でいくとさみしいし、行きにくい場所もけっこうあるので、私はほとんど毎週使ってました!

ニュージーランドは一人旅も楽しい

とはいえ、マナツアーが私の行きたいところすべて網羅しているわけではないので、土日どちらかはマナツアーに参加し、もう1日は一人旅をしてました。

山に登ったりビーチでフィッシュアンドチップスを食べたり、ホストファミリーにおすすめされたアイスやさんに行ってみたり。
人によりますが、私はそれがけっこう楽しかったです。

あえてインターネットをオフにして、必死にバスや電車のアナウンスを聞き取ったり、わからなくなったら歩いている人に道を聞いて、英語を鍛えていました。

 

留学にニュージーランドはおすすめ!

なにより治安がよいし、みんな親切です。そしてさりげなく親日国家。
ニュージーランドは移住者が多い国なので、オークランドで見かける人の半分くらいがアジア人でした。
なので、外国人も受け入れている雰囲気があります。

例えば、お店とかで英語が聞き取れなくて聞き返すと丁寧に繰り返してくれます。(アメリカにいったときは聞き返してもスピードが変わりませんでしたw)

ちょっとしたデメリットとしてはニュージーランドなまりがあること。
dayをダイと発音したり、最初行ったときは英語話してるのかな??と思うほど。
もちろん徐々に耳が慣れ最後の方は不自由なく会話をすることができるようになりました。
「ニュージーランドなまりがしみつきたいないなあ、、」と思う人もいるかもしれませんが、実際そんなに発音のくせまで身に付きません。
イギリスの英語だってなかなかクセがありますが、イギリスに留学してた人がクセのある英語を話すかと言われたらそんなこともないですよね。

目的によりますが、英語圏に留学をしたいという人はぜひニュージーランドも選択肢にいれてみてください!
私はせっかくの留学でピリピリしていたくなかったので、治安のよいニュージーランドは過ごしやすかったです。

NZ3-4

△海も緑もきれいでした。

あと、ニュージーランドは肥満人口が多い国1位らしいですが、私は太りませんでした!!!
なので、留学で太りたくない人にもおすすめです!
(台湾に留学していたときはがっつり太りました。)

 

私が”普通の”留学をおすすめしない理由

あえて大学のプログラムではなく、外部のエージェント、
欧米ではなく、ニュージーランド、
語学学校だけではなく語学学校とインターンシップと
普通の留学とは違う選択をして、得られるものがたくさんありました。

私が目的に合った留学をしよう!と主張しているのは、この体験があるからこそです。
もし留学しようと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

 

ちなみに、私は春休みもにコンチキツアーでニュージーランドの南の島にいくことにしました!
(コンチキツアーって何?という方はこちらへ⇒世界の友だちとバスで旅すると最高に楽しい「コンチキツアー」って?

そちらもレポートするのでお楽しみに!

 

ABOUTこの記事をかいた人

Yuka

早稲田大学商学部4年。台湾に半年、ニュージーランドに一か月の留学へ。帰国後インターンとして観光インバウンドに携わっているうちに、日本のよさを再発見。地域に関わりたいと4年の夏には島キャンで与論島に行き、桐生市でのインターンを経験しました。その他おせっかいジャパンのリーダーとしても活動中。(参考:私がCULTUREALのライターになった理由。http://cultureal.jp/column_yuka_1/)