イギリスについてから最初にした3つのこと

ロンドン生活必需品


 

おはようございます( ・ω・)ノ


今朝は、天気が良くて嬉しい(*´∀`*)

街中を歩いていると、公園で寝転がったり、テラス席で食事を楽しむ人を多く見るのですが、
それはロンドンの「晴れ」は貴重なので、晴れている日はその気候を満喫しよう!という心理かららしいです。わかる〜!笑



ロンドン生活必需品△ロンドン生活の「三種の神器」的なノリw 4つ目を挙げるならそれは間違いなく「折り畳み傘」



今回紹介するのは、ロンドンに到着してすぐにしたこと、到着した次の日にまずしたことの紹介です!

面白い内容というより、実用的な内容になってしまいますが、少し日記風に読みやすく書いていきたいと思います



1.イギリス版Suica、オイスターカードの購入とトップアップ



アンダーグラウンド△ヒースロー空港からアンダーグラウンドへの道



語学留学というと、空港からの送迎をつけるケースが多いと思いますが、
今回は節約のため(笑)ホームステイ先の最寄り駅まで電車を使うことに!

まず、ヒースロー空港のターミナルを出て、メトロへ向かいます。




券売機


そして駅に着くとこのような自動発券機があるので、カード代の5£+最初のトップアップ(チャージ)金を払い、オイスターカードをゲットします。
私は最初のトップアップは10£にしました!


見てわかるようにお札を入れるところがなく、「あれ???」と思っていると、優しい人が「コインかクレジットだよ!」と教えてくれました。

ちなみにこの人は、ちょうど東京観光から帰って来たところだそうで、”Are you a Japanese?”と聞かれ、私が”Yes!!”と答えてから、彼の彼女さんも交え、私の乗り換えの駅まで、ロンドンについて、東京についての話で盛り上がりました。

彼が「日本には四季があるけど、ロンドンでは1日のうちに四季を体験出来るよ!(そのくらい天気が変わりやすい)」と言っていて、ただいまその言葉を実感中です(笑)


券売機ではコインかクレジットのみでしたが、券売機の奥には窓口もあったので(私は気がつかなかったw)
そちらでならお札で対応してくれると思います!



★ロンドンの定期は超便利で、超高い


滞在3週目の今のオイスターカードの使い方はというと、
1ヶ月£131.40でゾーン1〜3まで、乗り放題の「シーズンチケット」というサービスを利用しています。

シーズンチケットは駅の窓口で、簡単な書類を書くと購入することが出来ます。


131£
を日本円換算すると、約2,2500円で、高すぎ(°Д°;!!という感じですが、
オイスターカードはロンドン市内のメトロ、オーバーグラウンド、バス、DLR、トラムリンク、一部のナショナル・レール
利用出来るのでかなり便利!!


ロンドンの交通はゾーン制
ゾーン1〜2に主要な観光地が含まれていて、ゾーン1〜3までカバー出来ればほぼ網羅という感じです。

ヒースロー空港はゾーンで言うと、ゾーン5なので、1で紹介したように、別でトップアップが必要になるわけです。


オイスターカードの料金には様々な種類があり、1日乗り放題、1週間乗り放題や、学生割引もあります。
30%割引になり、かなりお得なのですが14週間以上滞在する人でないと買えません。

その他いろいろな条件があるので、長期滞在の人は調べてみて下さい(^^)


観光だったり、私のような短期間の滞在でも、1日に3回以上交通機関を利用すればもとが取れるので
観光の場合はトラベルチケット、1ヶ月程度の滞在ならシーズンチケットを購入しましょう♪



2.携帯の購入とまたまたトップアップ




携帯

海外での短期滞在の場合、みなさん携帯は契約されていますか?

Wifiを使って日本の携帯で過ごしたり、日本で海外の携帯をレンタルする(めちゃくちゃ高い!!)という方法もありますが、
便利で安いのは現地で携帯を買って、トップアップするという方法。


ということで、ロンドンに到着した次の日に携帯を契約しに、トッテナムコートロード(Tottenham Court Road)駅に!


まずいろんな携帯会社が入っている所で値段を確認。
種類が多く、説明もわかりにくかったので、次におすすめされたO2という会社の携帯ショップへ移動。


先程見たいろんな会社の携帯プランと値段が同じくらいなことを確認し、1番安い携帯を聞き、そちらを購入(5£くらい)

ペイ アズ ユー ゴー(pay as you go)というチャージシステムの契約をします。

契約と言っても、トップアップ(チャージ)金を決めるだけなのですが。


とりあえず、10£のトップアップをしました。
そして店員さんにICチップをいれてもらって、携帯ゲット!!


想像以上に簡単でしたヽ(・∀・)ノ


さて、現在(滞在3週目)の携帯事情ですが、
トップアップの残金は1.7£。

チャージせねば・・・!!

毎日平均して3〜5通のメール、通話は1週間に2回程度で、このくらいの残金です。


ロンドンはフリーWifiが多く、数日の滞在なら日本の携帯でもいけないことはないですが、
やはり問題は待ち合わせ!!

現地の友達との待ち合わせやステイ先との連絡のために、現地で使える携帯は必須だと思います!!




3.変圧器じゃなくて、「変換プラグ」の購入



プラグ△イギリスのプラグは3本足!!



海外で日本の電気製品を使うために必須の、海外のソケット(コンセントは英語でプラグ。プラグを差し込む所は英語でソケット)と充電コードを繋ぐ物と言えば、変圧器!だと思ってたのですが、正しくは「変換プラグ」(英語ではアダプター、もしくはトランスフォーマー)と言うそう。


私の間違いは、それだけにとどまらず、持って来た変換プラグがイギリスで使えない!!笑




ヨーロッパ変換プラグ△私が持って来た変換プラグ




私が持って来た変換プラグは2本足のもの。
イギリスのプラグは3本足!!!

ヨーロッパ用の2本足の変換プラグを持って来てしまったのですが、ヨーロッパの中でもイギリスは異なるそう。

現地の電気屋さんでも安く買うことが出来ましたが、
日本から変換プラグを持って行く場合には要注意!!


ここで、1つイギリスの豆知識

イギリスではバスルームにソケットが無いんです!!

例えば私のステイしている所。



バスルーム△今のステイ先、どこもかしこもおしゃれ。




さらに寄ってみると・・・


バスルーム ソケット 


そう!正しくはソケットはあるんですけど、シェーバー用の2本足のプラグ用のものしかなく、
ドライヤーをバスルームで使うことが出来ないんです!!


これは水回りで電気製品を使えない用にイギリスで厳しく定められているそうで、
一般住宅から高級ホテルまで、イギリスのバスルームではドライヤーを使うことが出来ないのだそう。


だからホテルに泊まって「ここは安いホテルだからドライヤーが使えないんだ〜!」ということではなく、高級ホテルでもバスルームではドライヤーが使えません。
なので、ホテルの場合ドライヤーは部屋の引き出しに入っていることが多いそうなので、利用する際は確認して見て下さい♪



以上1〜3がイギリス生活でを送る上で重要な、現地での最低限の準備だと思います。

ちなみに語学学校の友人(彼女は長期の滞在)によると
留学生がイギリスで銀行口座を開設する場合、必要書類が多く、時間がかかる(3週間程度)そうなので、
長期滞在の方は口座の準備もお早めに!




* * * * *




今日は土曜日ですが、英国開発学勉強会主催の講座に参加して、「産業人材の現状と産学連携」というなんだか難しそうなテーマについて勉強してきます!

そのあとは、イギリスの家庭料理を味わうディナーの約束もあるので楽しみ(*´艸`*)