More Story

普通の女子大生が、アクティブな留学スタイルを提案するウェブマガジンを始めた理由

△1人で参加したアメリカバスツアーで仲良くなったシンガポールとドイツの友人。グランドキャニオンにて。 はじめまして、青山学院大学3年の多葉田愛(たばたあい)です。初記事となる今回は、なぜ普通の女子大生のわたしが、CULTUREAL(カルチュリアル)という「アクティブな海外体験を応援する」ウェブマガジンを作ろうと思ったのか、という理由をお話したいと思います。 「出逢いのきっかけを作りたい」私にとって最も影響のあった「出逢い」は初めての留学での経験です。高校2年生の春休み、私はドイツへ2週間の短期留学に行きました。ドイツ語の授業は取っておらず、海外にもたいして興味も持っておらず、英語もどちらかと言えば苦手科目でした。そんな私がなぜドイツに行ったのかといえば、当時はまっていたテレビ番組で見たドイツの景色があまりにも綺麗で「行ってみたいな〜」と思ったからというごく単純な理由です。そんな軽い気持ちで行ったドイツ留学でしたが、そこでの出逢いが私の「今」に大きな影響を及ぼしています。まず、初めて見る建造物に、初めて食べる料理、初めて聞く価値観や習慣との出逢いがありました。そして日本語では話せない友達との出逢いです。その友達ともっと仲良くなりたい!スムーズに会話をしたい!そんな思いだけで帰国後英語の勉強を頑張り、英文科に進学することに決めました。大学進学後は2年次にカナダへ短期語学留学、アメリカへの1人旅を経験しました。ドイツ留学のきっかけはテレビ番組、進路選択の理由は1人のドイツ人の友人という小さなきっかけですが、その小さなきっかけからたくさんの「出逢い」を経験することができました。CULTUREAL(カルチュリアル)では今まで知らなかった海外文化、今まで気づかなかった日本文化をテーマにガイドブックでは得られないような情報を発信します。そしてCULTUREALがみなさんにとって、私が経験したような小さな「出逢い」「きっかけ」の場になれるように頑張っていきたいと思います。「発信者になりたい!」これまで海外経験を通じて海外文化の魅力を発見し、日本文化の魅力を再発見しました。けれど、海外に行った時だけ、「文化」を感じ、日本ではほとんど「文化」を意識しない状態が続いていました。 そんな中、先述のドイツの友人と旅で出逢ったシンガポールの友人が立て続けに日本に遊びに来てくれました。彼らが日本ファンになってくれるようなプランを提案しようとガイドブックに頼らず、私が実際に行ったことのある場所を中心に案内し、その様子をFacebook...