More Story

webプロジェクトの始まりは「トビタテ!留学JAPAN」

△体験するのが今から楽しみなイギリスのPUB文化。(留学@UKのホームページより)こんにちは、あいです。前回記事(別に意識高い系でもない普通の女子大生が、ウェブマガジンを始めた理由。)では、わたしがホームページを立ち上げた理由を書きましたが、今回は実際にどんな出会いがあってプロジェクトがスタートしたのか、これからなにを発信していきたいかについて、お話したいと思います!留学を考えている学生なら知っておきたい、「トビタテ!留学JAPAN」という奨学金制度はご存知ですか?CULTUREAL(カルチュリアル)の始まり私がアクティブな留学を考えるきっかけとなったのは「トビタテ!留学JAPAN」という政府が推進する留学生の増加を目的とした新しい奨学金制度です。なにが新しいのかというと、多様なスタイルの留学が支援対象であり、自分自身で設計した留学プランを組み込むことができるのです。 私は今までに2度の短期留学の経験がありますが、どちらも学校のプログラムを利用したもので「語学」以外の目標がないものでした。自分が次に留学する際の目標を考えたときに、私はアウトプットをしたいと思いました。 今までは海外での経験や面白いと感じた文化を家族や友人などほんの数人に話すだけで、せっかく吸収したことを発信せずに終わらせてしまっていたことに気がつきました。 人の行動は「気持ち」と「情報」によって決まります。例えば「留学をする」という行動をとった人は、留学をしたいという「気持ち」から留学の「情報」を調べたか、留学や海外の「情報」を目にしたり耳にして、留学をしたい「気持ち」になったかです。 海外経験をしたいという気持ちを持っている人に海外で役立つ情報を発信し、まだ海外経験について考えてない人に海外の情報を発信して、気持ちを動かす。どちらの人にとっても有益で、「能動的な行動」を後押しするような情報を発信したいと考えました。 留学目標と計画を履歴書いっぱいに書き、「トビタテ!留学JAPAN」主催の企業と学生のマッチングイベントに参加。今回の奨学金制度の趣旨や概要を聞き、そのあとは企業ごとに分かれたブースに学生が時間ごとに移動してまわりました。様々な企業のお話を最後まで残って聞き、そろそろ帰ろうとしていた時に私の留学計画の相談に乗ってくださったイギリスの留学エージェント「JAPAN...