20歳の女子大生がアメリカ西海岸をバックパックで一人旅に出た理由

SanDiegoOldtown

初めまして。この記事が初となります、神田外語大学3年のアヤノです。

私は今年(2015年)の3月から9月まで、約半年アメリカで留学をしてきました。
滞在していたのは、シアトルから車で2~3時間の国境町、ベリンハム(Bellingham)というところ。

この記事では、留学最後のチャレンジとして行ってきた、、、というか、やってみた、
アメリカ西海岸一人旅(2015/08/24-09/04)、を決めるまでの話をしたいと思います。

 

女子大生がアメリカ一人旅!?

留学が終わる前に何か一つ大きな経験したいな、と考えていた時に、パッと思いついたことがありました。

楽しそうで、面白そうで、成長できそうなこと。

私にとって、それはアメリカでの一人旅”!!

SanDiegoOldtownSandiego Oldtownにて

聞いた感じ、少し危なそうな感じありません?

私は、完全にそう感じていました。
半年滞在してただけのアメリカ初心者が、、、まして身長153cmの女子です(笑)。

留学生の友達や現地の友達にそれを伝えたところ、みんなの一言目は決まって、
「え!?危ないよ~!やめなよ~!」という言葉。

勿論、私自身も、不安しかありませんでした。

そこに出てきたのが、「平凡な日々を過ごすより、リスキーなことをして、新しいことを経験して、ステップアップしたい!!」という私の変な好奇心。

不安すぎて、「一人旅 アメリカ」、「女子 アメリカ 旅」などのキーワードで何度も検索をかけましたが、、、(笑)。

こんな感じでアメリカ一人旅を決断しました!

 

旅をする前に決めていたこと

さて、思い立ったらすぐ行動!!
ホームステイ先の家族に相談をしつつ、夜な夜な一人でプランを考えました。

目をつけていた飛行機の値段が急速に上がり始めた8月の初旬、最終日までの大まかな目的地と予定滞在日数を決め、飛行機のチケットを取りました。

両親はかなりの心配性なため、なんて言おうか考えていましたが、とりあえず内緒に(笑)。

この時点で、細かい予定は全くありません!!(笑)

決めていたのは、

行きたいところ
-ラスベガス(グランドキャニオン、ルート66)
-サンフランシスコ(行く予定はなかったがホストシスターの友達が泊めてくれるから)
-ロサンゼルス(サンタモニカ、とりあえずビーチが見たかった)
-サンディエゴ(海があるから)
-シアトル(独立しているホストシスターが泊めてくれるから)

これだけです。こんな感じで、まずはノートにリストアップしました。

mytravelnote
△マイトラベルノートの写真。ちなみに表紙は自分で書きました!手描き感満載。

基本的に私は、「その時にやりたいことをやる」主義なので、どこに泊まるのかもそこで何をするのかも未定です。

言ってしまえば、グランドキャニオン(私の中で死ぬまでに行きたいところNo.1だった)、
ルート66(高校生の時にテレビで見て、アメリカに興味を持ったきっかけ)、
ビーチ(単純に好きなところ)に行けるなら、プランなんてどうでもよかったんですよね(笑)。

 

丁度学期末に差し掛かり、課題に追われる日々だったので、本格的な準備(心の準備も含めて)に取り掛かったのは夏学期が終わってからの3日間だったような気がします。

今思えば、遅すぎてホストファミリーにも心配されてたな、、、。


課題課題課題の毎日だった学校生活が終わった8月20日、周りの友達は、すっきりした顔をして楽しそうにしていたのを、私は横目で見ていました。


その日から、本格的に、シャトルバスの予約、飛行機チケットの印刷、荷造り、必要なものの買い出しを始めました。

心の準備に時間を割く暇は全くなかった、、、というか、内心「どうにかなるわ~」と思っていたので、むしろ準備を楽しんでいました(笑)。

 

アメリカで留学を終えた後に一人旅をした理由

私のこの旅の目的は大きく分けて3つありました。

1. 留学を通して学んだ語学力を試す

やはり、自分がどこまで成長したのか、何ができるようになったか、を直接確かめたかったわけです。

アメリカで、一人で生活できるくらいの英語力は欲しかったので、一人旅で強制的に自分が英語を使うチャンスを作りました。

道行く人に声をかけたり、ホステルの人と話していくうちに、結果、自分の英語に自信をつけることができました。

2. 写真で見ていたものを実際の目で見る

アメリカには留学に行くまで一度も行ったことがなく、テレビや写真だけで理解し、頭の中で、自分なりのイメージを作っていました。

それが本当にそうなのか、自分が行って直接見て、感じることができたらいいな、と思い、行先を決定しました。実際、思い描いていたものと現実が違うものが結構あり、貴重な経験になりました。

3. 純粋に一人を楽しむ

これはもうそのままです。

自分の好きなことを好きなだけやる。
私の場合は、海をひたすら眺めていました。

また、一人になることで、自分と向き合う時間が沢山出来ます。
自分、というものをより理解することで、この先のやりたいこと、進み方が見えてくると思います。

この旅が終わって3日後には日本に帰国だったのですが、気持ちが整った状態で帰ることができました。

SanFransisco△ゴールデンゲートブリッジ近くのビーチの写真


そんなこんなで準備は直前までかかり、8月24日、私の人生初一人旅がサラ~っと始まったのでした。

ABOUTこの記事をかいた人

Ayano

神田外語大学 外国語学部 国際コミュニケーション学科3年。 高校1年次にスイス人のホストファミリーとなったことがきっかけで異文化に興味を持ち始め、外大に入学。大学3年次、約半年アメリカに留学。